スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出はいつも綺麗だけど

思考は一体どこからやってくるのか

今日は夢に見たせいかな?


すごく逢いたくなった人がいて

逢いたかったわけでもないんだけど

気になるわけでもないんだけど

今を話したくなった

時間が過ぎて変わってきたことを知ることが過去があった証明なんだ

今話したいと思えるのはきっとその過去も大事なものだったと思うんだ


そんなまとめをしてるのは今だからこそなんだけど

ぐだぐだ考えてる間はほんとに恥とか嫉妬とかそんなのどうでもよくて

ただただ逢って話せたらそれでいいって

実際逢って話すことないじゃないかってのもどうでもいい


昔から知ってる顔も年周期的にみる顔も

数えるほどしか見たことのない顔も

自分から離れてしまった顔も全部思い出してた気がする


嫌いになって嫌いになって関心もなくなりそうになるけど

それでもまた何度目だって呆れるほど人に触れていたいと思う



こんなこと考えてる間に怖くなったことが一つ

何十年先もまたこうやって思い出せるのかなって疑問に思った

あと何年覚えていられる?

いつか記憶から完全に消してしまうんだろうかって

そろそろ思考回路が活発化しすぎてきたので止めとこう



ずっと忘れませんように
スポンサーサイト

「思い出はいつも綺麗だけど 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「思い出はいつも綺麗だけど 」へのトラックバック

http://routineblues.blog22.fc2.com/tb.php/247-444e1dda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。